ヒューストーリーは東海地区を中心に、個社深耕型の転職エージェントとして、働く人と企業の深い理解を追求しながら”接点探し” をお手伝いします。

映画「マトリックス レボリューションズ」から「電気工事士」の仕事について考えてみた。

こんにちは、コンサルタントの土田有人(ありと)です。

今回も転職エージェントの仕事にちなんだ、
映画の登場人物の仕事について考えてみます。

まずは浅いつぶやき感想から。

シリーズの第三弾。よくも、まあこんなに複雑で、現実と絡めながら、
今見えている現実そのものを否定し、別世界を創り出せるなーと。
そして信じ込ませていく展開に非常に奥深さを感じます。
今回も到底1回では理解しきれない内容です。
18年ぶりの2021年に公開された新作も見たいところです。

そんな作品の今回はあるシーンから連想した仕事について考えようと思います。
あるシーンとは、
エージェント・スミスと戦いの中、
切れた電気ケーブルで目を焼かれ、視力を失うシーンです。

電気ケーブルって本当に怖いですね。
今回はそんな電気系統を扱う仕事「電気工事士」について考えたいと思います。

現代社会では、日常で多く活用されている電気。
電気が使えなくなると、多くの物が使えなくなり、
困る方がたくさんいると思います。
停電時や災害時がまさにそうですね。

建築、設置する際、壊れた際に電気系統を担当するのが、電気工事士です。
正確には電気工事士とは資格のことを指します。
電気設備の工事・取扱の際に必要な資格です。
第一種・第二種に分類されており、電力の容量によって、
扱える範囲が変わります。

第二種は比較的難易度は低いと言われ、
最近ではDIYで、個人で取得される方もいるようです。
器用だからといって、間違っても、資格なしで電気に触るのはNGです!
火災事故や感電事故に繋がったケースもあるようです。
作業の正確さ、慎重さが求められる仕事です。
設置する場所も様々なので、高い所が苦手な方は、覚悟が必要です。
また重い機材、機械の場合や、配線は細かいものもあるので、
体力と集中力は必要ですね。
夜間作業が発生する分野もあるため、体調管理にも気を付けたい仕事ですね。

とは言え、手に職の定番ですので、仕事に困ることは現時点ではなさそうです。

世の中には電気工事士の仕事もそこそこありますが、
電気工事士の仕事にしようと思うと、
第二種だけでなく第一種や電気主任技術者の資格まで目指すと
経験も広がってきて、転職には有利です。

そんな電気工事士の求人もあります。
お気軽にお声がけください。






#HueSTORY #株式会社HueSTORY #huestory
#ヒューストーリー #株式会社ヒューストーリー
#愛知 #岐阜 #三重 #名古屋 #尾張 #三河
#個社深耕型 #エージェント #転職 #転職エージェント
#採用代行 #採用支援 #採用コンサルティング #採用コンサル
#人事代行 #人事採用代行 #採用に関するお悩み解決

個人情報の取り扱いについて

Copyright © 株式会社 HueSTORY All Rights Reserved.